Calling e​.​p. (neji​-​169)

by Satanicpornocultshop

supported by
/
1.
02:35
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.

about

plus Ringtone and Wallpaper for iPhone5/6/6plus

Produced by Satanicpornocultshop

Photograph by Vinylman
Art Direction by ugh

Ringtone - 19 voices by Frosen Pine and 3 tones by ugh (m4r)
Wallpaper for iPhone5/6/6plus by Vinylman, ugh and Creatribe

credits

released April 2, 2015

大阪のジューク系音楽集団、Satanicpornocultshopこと、サタポによる今年3枚目のEP。毎回異なるテーマを掲げた作品を発表し続けている彼ら。今年も変則ビートにアフリカのヴィンテージ・ファンクがいきいきと蘇る"Snack e.p."、ヘヴィ・メタル/ガレージ・パンクにジュークをぶつけた"Brushed e.p."と、多岐に渡る素材を扱ってきたが、今回のテーマは音楽の音楽ジャンルではなく「電話」。iPhone用の壁紙と19曲のリングトーンがついてくるほか、iPhoneケース付のセットでの販売まである。

電話は今も昔も広く音楽作品のモチーフになっている。「634-5789」や「777-9311」、「6060-842」や 「842-3089」のような電話番号曲は名曲ばかりだし、最近でもクラシック系の音楽家がスマートフォンの着信音を作曲する"Mobile Miniatures - The Ringtone Project"やJames Ferraroの"100%"といった面白い試みがたくさんある。「The Telephone Call」のクラフトワークやリングトーン・キングかつ 人気アプリのT-Painなど、ロボ声とのかかわりが深いことも個人的には重要だ。

蓄音機の発明やレコードの発展との親近性、匿名性や遠距離通信という性格、そして声や着信音、応答メッセージといったさまざまな「音」の存在。多くのミュージシャンを惹きつけてきたのは、電話が直接的にもメタ的にもあらゆる切り込み方ができる複層的な素材であるためだが(いまインターネットをテーマにした作品が多々見られるのも似たような理由じゃないか)、覆面のジューク集団という匿名性の下、古今東西のあらゆる音をコラージュしてアヴァンギャルドな作品を量産しているサタポ以上に電話と相性の良いバンドもそう多くないだろう。

2曲あるペンギン・カフェ・オーケストラ「Telephone and Rubber Band」のカヴァーや『ダイヤルMを廻せ!』といったタイトル。ニュー・エディションやルー・リードが電話について歌った歌はブツブツと断線させられ、「A.I. Called U」では淡々とした人工知能の声と恐ろしく歪んだ男の声が対照的に描かれている。数々の電話ネタが、サタポらしい周到かつ混沌とした手つきで散りばめられていて面白いのだが、特に耳をひくのはあちらこちらで鳴っている着信音(電話の音はやはり気になってしまう)。生活音や機械音などをサウンドの一部に用いるというアイディア自体は目新しいものではないだろうが、着信音や操作音を組み合わせてガムランやアフリカの民族音楽のような響きを構築している冒頭「Calling」や「The Telephone Gong」は新鮮だった。太古から続く人間と音の関係に想いを巡らせたというか、人間変わらないんだな!とか思ったりして。大袈裟だけど。

ところで「Ring × Ring × Ring」はパーラメントかな。聞き覚えがあるのだけれどパッと出てこずもどかしい。と、いま初めて思ったけど、Satanicpornocultshopって名前はPファンク的だ。

(キープ・クール・フール)
blog.livedoor.jp/summerbreeze1/archives/8127555.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ジュークという基本線はありながら、アプローチは毎度まるで違うという独自路線を邁進する毎度お馴染みSatanicpornocultshop。さて今回の新作『Calling e​.​p.』は……というと、タイトルにある通り〈電話〉縛りで編まれている。同作のリリースに先駆けてSoundCloudで公開された収録曲“KANTEI Telephone”がまさかのナイスなフュージョンというもはや……な展開に驚きを通り越して思わず笑ってしまったけれど、蓋を開けてみたら大丈夫だった(何が?)模様。

iPhoneユーザーにはフレンドリーな着信音を素材にフットワークする“Calling”、ニュー・エディションの爽やかな同名曲を調理した“Mr. Telephone Man”、お得意のガムラン調“The Telephone Gong”、マンドリンをフィーチャーしての牧歌的な“Telephone 'u' Rubber Band”などなど多彩な引き出しを開けに開けた流石の聴き応え!

(加藤直子(Mikiki))
mikiki.tokyo.jp/articles/-/6068

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本Juke。テーマが電話。着信音が持つ記号性、ミニマル性で真剣に悪ふざけをしてる。生音志向だった最近のリリースの延長線上の曲も。本当に欲張りな人たちだ…

(Gnyonpix a.k.a ぐにょん)

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

Satanicpornocultshop 大阪市, Japan

Satanicpornocultshop (サタニックポルノカルトショップ) is a Japanese experimental music group known for assemblage-style compositions that incorporate a variety of musical styles and techniques. The group draws heavily on hip hop and electronic influences and utilizes samples to define their sound. ... more

contact / help

Contact Satanicpornocultshop

Streaming and
Download help

Redeem code